03-5327-8212
高円寺北2-2-1 巳善ビル2階
JR高円寺駅より徒歩3分

黄斑上膜

黄斑上膜とは

黄斑上膜

主に加齢が原因で硝子体が網膜から外れる際に硝子体の一部が網膜に取り残されることで膜が形成されることがあります。網膜に張った膜がさらに厚くなって収縮し、やがて網膜(特に黄斑部)にシワを寄せてしまうと、歪んで見えたり視力が低下します。黄斑上膜は、網膜前膜、網膜上膜、黄斑前膜と呼ぶこともあります。

症状としては、歪み、視力低下、遠近感、立体感の低下などが見られ、これらの症状は徐々に進行します。黄斑上膜は、加齢の他にも目のけがや網膜剥離の手術、他の網膜の病気によって生じることもあります。

検査では、眼底検査や光干渉断層計(OCT)検査を行い、網膜のしわや黄斑上膜の状態を確認します。

治療について

黄斑上膜があった場合、まずは経過を観察します。視力が低下するなど日常生活に支障をきたす場合に手術を検討します。硝子体手術を行い、黄斑部の前にある膜を取り除きます。白内障手術と同時に手術を行うこともできます。現在、当クリニックでは硝子体手術は行っておりませんので、手術を行う場合は、連携病院、もしくはご希望の病院に紹介致します。

診療時間
休診日:木曜・日曜・祝日・土曜午後
日祝
9:30~12:30
14:30~17:30 手術
診療科目
眼科、小児眼科、日帰り白内障手術、レーザー手術、眼鏡処方
住所
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2-2-1 巳善ビル2階
アクセス
JR高円寺駅より徒歩3分
TEL
03-5327-8212
ACCESSMAP

Page Top